記憶力と集中力 右脳と左脳をつなげて

May 11, 2016

IMG_0300.jpg


左脳教育は簡単なものから段階的に難易度を上げて学ぶ、積み上げ式の学習法。右脳教育は、全体から個へという学習法です。まず、森全体を何回も歩き回って、何度も歩いているうちに、一本一本の木がわかるという感覚です。難しいことも含めて、理屈抜きに頭に入れてしまうことが先です。

 これを初めから一つ一つ理屈で考えようとすると、子どもの頭は受け付けません。意味が分からないので、「できない」「難しい」と、後ずさりする感覚になります。意味が分かるのは後から出いいのです。全体感覚が大切です。

 意識は、左脳で働かせます。無意識は、右脳に働きます。幼児期こそ、この両方を働かせやすくして、この時期に左脳と右脳をつなぐ良い回路を作っておくことこそ、頭のよい働きを引き出す方法なのです。幼児期に、左脳と右脳をつなぐ扉を開いて、記憶力と集中力を磨いていきましょう。

広島西地区本部教室の詳細はこちら
新井口教室の詳細はこちら
東広島教室の詳細はこちら